青汁が健康的な食生活にオススメな理由

健康的な生活のために青汁に挑戦した人は居るのではないでしょうか?

また、青汁はダイエットでも定番のヘルシーな飲み物なので需要はかなり高いです。

しかしながら、味が苦いというイメージが先行しているため有名でありつつも敷居が高い飲み物ではないでしょうか?

健康で痩せるだけではなく、日頃の栄養不足を補なうために食事と一緒に続けるのもオススメなんですよ。

今回は魅力的で健康に良い飲み物「青汁」についての疑問と効力などについてまとめていきます。

なぜ青汁にはケールをベースにしたものが多いの?


青汁というとやはり色も緑でいかにも野菜っぽく、よく言うと濃厚そうな見た目がするでしょう。

材料として使われることが多いのが「ケール」という野菜なのですが、キャベツと同じアブラナ科の野菜です。

見た目はキャベツの外側の堅く濃い緑の葉に似ています。

確かに濃厚そうなのですが、固くて生で食べられることは中々ありません。

青汁が苦いというイメージが付いているのは、ケール自体の味が苦いからだと考えられます。

いくら栄養を採るための飲み物とは言え、ケールが多く利用されるのにはやはり理由があります。

ケールはそれぞれの栄養のバランスが良いため、青汁のベースとして使われる機会が多いのです。

もちろん味が全然良くないという意味では無いので、支持されてきた面もあるでしょう。

青汁は野菜を継続的に採れる理想的なドリンク


厚生労働省が長年広めている食生活に関する指標の一つに、「野菜は一日350g以上採りましょう」というものがあります。

緑黄色野菜はもちろん健康に良いですが、例えばもやしばかり食べるのも野菜をたくさん食べているとは言えます。

基本的には量の問題では無く、バランスも大事であるため多くの種類の野菜を食べたほうが良いですね。

しかし野菜350gというのは、まとめて集めてみれば分かりますがかなりのボリュームです。

毎日の野菜を青汁やスムージーでまかなおうとする人は、かなり多いと思います。

野菜のほとんどは実は水分で出来ているため、ドリンクにすると栄養を一気に凝縮させやすいのです。

ですから青汁は毎日の健康的な食生活に、うってつけという訳なのです。